Site Overlay

私と主人は、職場結婚です。そのことから、主人の仕事のことをよく理解しています。そしてその職場での人間関係についてもよく知っていたのです。どの人とどの人が付き合っているなども知っていることがありました。そんな時、浮気性の女性と主人が不倫をしているなんて、信じられませんでした。そのことに付いて、ここでお知らせします。

不倫をしていることを知ったのは元同僚からでした

私と主人は、とても仲がいいのです。結婚をしてからも、ずっと喧嘩をすることもないし、主人に対して不満があるわけでもありませんでした。しかし主人は浮気をしていたのです。そしてそれは、私が知っている女性でした。なんと同じ職場で働いていた女性なのです。その女性は、私がいた時からずっと男性関係が派手でした。同じ職場の男性と付き合っていることもあったし、いろいろな噂が耐えませんでした。そんな人と主人は、浮気をしてしまったのです。
そしてそれを、同じ職場でいる元同僚から聞くことができました。職場でも、その同僚しか知らないというのです。その浮気が始まったのは、なんと飲み会からだそうです。夜遅くまで飲んでいることもあったので、浮気をしていることを全く知りませんでした。

浮気発覚後はショックで立ち直れなかった

そのことを知った時、ショックでしばらく立ち直れませんでした。ショックというのは、同じ職場の人と付き合っていることが一番大きいです。しかも私の知っている人なのです。そんなことがあるのでしょうか。私が知っている人ということが、一番のショックです。まだ知らない人なら、なんとなく許せる感じがします。男性は、浮気の機会があるとついしてしまうこともあると、そんな考えてあるからです。
しかし相手の女性が、私が知っている人である場合は話が違います。その女性とどんなふうに、浮気をしているのか楽しんでいるのかリアルに思うことになるからです。その時の苦しみは、誰にもわからないと思いました。

主人とのその後について

そしてこんな苦しみを味あわせた主人を許すことができないと思ったのです。まず思ったことは、復讐をしたいと思いました。私は信じてずっといたのに、どうしてよりにもよって知っている女性と浮気をしてしまったのかと、泣きながら問いただしてやりたい気分になっていました。顔を見ることも嫌だし、直ぐに家を出たいと思ったのです。そんな毎日が、大体2週間ぐらいありました。そしてその後は、離婚をするのか黙って許すのかとその選択がありました。

離婚をしないと決めた

浮気をされてしまったことについて、許すことはできません。許すというのは、どう言うことなのかわかりませんでした。私が離婚をしないと決めたのは、相手の女性への復讐があります。相手の女性のことを思うと、離婚をしてしまうのはそこで負けてしまうと思ったからです。その女性と戦って、負けるのは悔しいのです。そこで、負けないためには離婚をしないことにしました。主人もそのまま同じような生活をしているので、離婚を望んでいないと思ったのです。

浮気後は落ち着く

浮気が発覚してからは、主人を問い詰めることもなく淡々と暮らしていました。子供のこともあるし、喧嘩をするのは嫌なのです。そんな時、その女性と別れたらしいということも、元同僚から聞くことができました。そして元の日常にだんだんと戻りつつまります。きっとそのまま主人を攻める事無く、今後も結婚生活を続けて行くと思っています。

旦那に浮気された経験がある私から男性に言いたいこと

旦那の浮気は精神的にかなりダメージを受けることになります。
私の旦那も浮気をしたことがあって、その時は私が早々に気がついて未遂で終わりましたが、それでもかなりのショックが残ってしばらくは何も手を付けられなくなりました。
当時の旦那の言い分としては私が子育てに忙しくて相手をしなくなったからというもので、実際に私にも思い当たる節はあるのですが、蔑ろにしている旦那でも裏切られるとショックですね。
自分の人生を否定されたような気分になりました。
私の友人も旦那さんに浮気をされたことがきっかけで体調を崩してしまいましたが、それほど女性には大きな問題であり、結婚しての期間の長い短いは関係なく苦しむことになります。

私がこの経験から男性に言わせてもらいたいのは、浮気をするならうまくやってくれということです。
私の旦那の時も、明らかに携帯を触る機会が多くなって、今までその辺に放り出していたのに急にコソコソと使うようになったからわかったようなものでした。
そこで問い詰めた時にうまい嘘でもついてくれれば良かったのに、しどろもどろになるから浮気が発覚し、私を苦しめることになったのです。
私も若い女の子ではないのですから、男性が浮気をする可能性があることなど承知しています。
妻が旦那の相手をしないからいけないんだという意見もありますが、子育てをして仕事も持っていたら旦那の相手など疎かになるのは当たり前で、全部やれというのは理想論としか思えません。
それに不満を持たれるのであれば仕方がないことだという覚悟もあります。
生物としても男性は浮気をしやすいと言われているのですから、個人差はあるとはいえども無理やり押し込めようとしても不可能なのでしょう。
過度な束縛は余計にストレスになって浮気を増長するだけだと思っています。

ですが、浮気を知ってしまうのはやっぱり辛いです。
気が付かないところでいつの間にか浮気をされていたのであれば、知らないことですのでダメージはありません。
自分の知らないところで裏切られる方がキツイという意見は多いかと思いますが、それだって裏切られていた事実を後で知ってしまったから辛いのでしょう。
秘密を墓場まで持って行ってくれたならば、奥さんも夫婦生活の危機もなく良い結婚生活だったと思え、旦那だって愛人と存分に楽しめてみんなハッピーです。
これくらいスマートに決める力と覚悟がないような男性は浮気をしてはいけないと私は思います。
女性としては少しでも疑いがあると詮索をしないわけにはいきませんので、隙を見せてしまえばそこから綻びが生まれることになります。
ですが、軽いレベルの浮気であれば見て見ぬふりをすることができなくはないのですから、変な話ですがちゃんと浮気をしてください。

浮気がバレる旦那さんは人の話などを聞いていてもやっぱり小心者が多い気がします。
浮気が重大な裏切りだということが強くわかっている人になればなるほど、秘密を知られてはいけないと思っているので慎重になってしまいます。
慎重すぎて怪しいというパターンですよね。
後は浮気相手をコントロールできていない人も、相手経由から浮気がバレてしまっています。
相手を見る目がないのか、主導権を握られているのかまではわかりませんが、浮気相手の方が出しゃばり過ぎてしまったがために家族の時間に連絡を入れられたり、泊りのデートをしてみたりと既婚者には厳しい要求をしてきます。
奥さんに対して挑発的な連絡をする人もいますよね。
浮気を成功させるには個人の資質も大事ですので、性格上浮気に向いていなさそうな方は奥さんを傷つけるだけですので、せいぜいキャバクラで遊ぶ程度の浮気にとどめておいてください。